病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
受診ナビ
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
学術活動
調達情報-2
ご意見箱
個人情報保護方針
情報公開
バリアフリー情報

泌尿器科

概要

当科は常勤医1名で、腎や膀胱などの尿路と前立腺や精巣などの生殖器に発生する疾患の診断、治療を担当しています。
診療に際しては、最新の知見をふまえた上で、標準的治療を実践するよう心がけております。
また病状や治療方針を十分に分かりやすく説明し、患者様やご家族にとって納得できる医療を行います。
当科では施行できない検査や治療については、患者様の不利益にならないよう迅速に対応可能な近隣施設に紹介させていただきます。

対象疾患

良性疾患 前立腺肥大症、神経因性膀胱、過活動膀胱、尿失禁、尿路結石症(腎結石、尿管結石、膀胱結石)、尿路性器感染症(膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺炎、精巣上体炎)、尿潜血、EDなど
悪性疾患 膀胱癌、前立腺癌、腎癌、副腎腫瘍、精巣腫瘍など



代表疾患と診療内容

尿潜血

健診などで指摘され受診する方が多いです。基本的な初期検査として尿検査、尿細胞診、超音波検査を行います。必要があれば尿路のレントゲン検査、CT検査、膀胱内視鏡検査を行います。当院では痛みの少ない軟性膀胱鏡を使用しております。多くの場合は治療を必要としない良性の血尿ですが、膀胱癌などの尿路癌が見つかることもあり放置しないことが重要です。

尿路結石症

激しい腹痛を伴う急性腹症の代表疾患であり救急車で搬送される方も少なくありません。一方、無症状のまま経過し偶然発見される場合もあります。数ミリ程度の小さな結石であれば自然排石を期待し、薬物治療と飲水指導のみで経過をみます。自然排石が困難と判断されたら結石破砕治療(ESWL)対応可能な施設に紹介します。

前立腺肥大症

主に50歳以上の男性にみられる疾患で、排尿困難、夜間頻尿、残尿感などの症状を認めます。多くの場合はアルファーブロッカーなどの薬物治療で症状の改善を認めます。尿閉(尿が出せない状態)や高度残尿(排尿後に多量の尿が膀胱に残った状態)がある場合は内視鏡による手術が必要です。当院では出血や水中毒などの手術合併症を軽減するために、還流液に生理食塩水を用いて前立腺の切除や蒸散を行っています。

前立腺癌

PSAとよばれる血液検査の普及で前立腺癌の患者数が増加しています。最終診断のためには前立腺の組織を採取する前立腺針生検が必要です。診断が確定したら病期(癌の広がり)、癌細胞の悪性度、年齢や体力などを総合的に評価して治療方法を決めます。主な治療としてはホルモン治療とよばれる薬物治療、外科的治療、放射線治療があります。根本治療(外科的治療や放射線治療)の適応があると判断されたら近隣の施設に紹介します。

膀胱癌

無症候性肉眼的血尿(痛みを伴わない赤いおしっこ)で受診される患者様のなかで時々みつかります。通常は初期治療としてTUR-Btとよばれる内視鏡を用いた手術を行います。当院では5日間程度の入院で行っています。切除した腫瘍の悪性度や深達度などを評価し追加治療を検討します。追加治療としては抗癌剤やBCGを膀胱内に注入する治療が行われます。癌が深いところまで浸潤していたら膀胱全摘術や尿路変更などの手術が必要となります。



外来診療担当医表

平成29年4月1日現在
泌尿器科
受付時間
午前 受付 8:30~11:00
診療 8:30~12:00
川本 正吾 川本 正吾 川本 正吾 川本 正吾 川本 正吾
午後 処置・手術 検査・処置 検査・処置 検査・処置 検査・処置



スタッフ紹介

氏名 川本 正吾
役職 泌尿器科医長
出身大学 岐阜大学 医学部 1989年卒
専門分野 泌尿器科疾患
資格
  • 日本泌尿器科学会 専門医
  • 医師会認定 産業医
所属学会
  • 日本泌尿器科学会
PageTop