病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
受診ナビ
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
学術活動
調達情報-2
ご意見箱
個人情報保護方針
情報公開
バリアフリー情報

薬剤部

概要 チーム医療参画 スタッフ紹介

概要

平成13年に全面院外処方となってからは各病棟に専任薬剤師を配置し、主として入院患者様への服薬指導や注射薬混合調剤、リスクマネージメントを含めた医薬品管理や情報提供などを行っています。

また糖尿病教室や栄養サポートチーム(NST)などのチーム医療にも積極的に参加し、薬剤師という立場から少しでも患者様のお役に立てるよう心掛けています。
薬物療法は日々進歩を続けていますが、その中で我々薬剤部スタッフは医師や看護師など他の医療スタッフとの連携を大切にし、最も効果的でかつ安全な薬物療法を提供させていただけるよう、常に患者様の視点に立って努力してまいります 。

調剤

薬剤部では入院中の患者様のお薬を中心に調剤を行っています。 調剤に際しては、患者様のアレルギー歴・副作用歴・年齢・腎機能・妊娠の有無などを考え、処方内容や用法・用量が適切かを検討しています。

また経管栄養などで錠剤を粉砕した場合のお薬の有効性や安全性についても情報を収集し、その可否を検討しています。

また退院の際には、「お薬説明書」「お薬手帳」の作成も行っています。
お薬の中には飲み合わせの悪いものや手術・抜歯などの前に中止しなければならないものもありますので、他の病院など受診される際は必ずお薬説明書やお薬手帳をお持ちいただき、服用しているお薬を受診先にお伝えください。

外来の患者様は院外処方せんとなっております。お薬は院外の保険薬局でお受け取りください。
  • 処方せんの有効期限は4日間です。発行日を含めて4日以内に保険薬局へご提出ください。

注射調剤

注射薬の混合調剤は従来看護師が病棟で行うのが一般的でしたが、現在では薬剤部内で一括して行うのが主流となりつつあります。これは注射薬をより安全にかつ衛生的に混合調剤し、注射薬の使用に伴うリスクを最小限にするためです。

当院では平成13年より、高カロリー輸液や抗癌剤だけでなく一般注射剤についても薬剤部内で一括調整を行っています。これにより処方内容や輸液内での配合変化などを薬剤師が確認し、注射薬の適正使用をより確実なものにしています。

医薬品管理(SPD)

SPDとは、Supply Processing &Distribution の略で院内物流管理と訳されています。 東日本大震災など災害時に代表されるように患者様の治療に用いる医薬品の管理は非常に大切です。

当薬剤部では、医薬品管理専門のスタッフがおり、SPD業務を行っています。

院内の医薬品を管理・情報の一本化をすることで、不良品・期限切れ品の品質管理、又過剰在庫の発生をしないようにして、医薬品の発注・納入品の点検を行っています。

薬剤管理指導(服薬指導)

病棟毎に、担当薬剤師による入院時の持参薬のチェックから始まり、注射の混合調剤、内服調剤・定期配薬セットをトータルで行なっています。

また実際に薬を使用する患者様の病室へ訪問し薬の服用法・注意点の説明を行い、退院後の服薬にスムーズに移行できるようにサポートを行っています。
その際に患者様の訴えや検査データ参照することにより、医師や看護師と協力して薬の適正使用にも貢献しています。

医療安全(アレルギーカード)

医療のヒヤリハットの発生件数の中で、薬に絡むものが一番多く全体の1/3近くを占めます。薬剤部も院内の医療安全委員会に所属し医療安全向上の為に、貢献しています。

また、静岡県病院薬剤師会のアレルギーカード発行事業に参画し、入院時の問診や入院中の薬による副作用が疑われた場合、院内のオーダリングシステム に登録し注意喚起を促すだけでなく、アレルギーカードを発行し他の病院や薬局という施設を超えた副作用の再発防止に協力しています。


チーム医療参画

糖尿病教室

糖尿病教室では、多職種がそれぞれ専門の立場より療養生活のポイントをアドバイスしています。糖尿病治療は、神経障害、網膜症、腎障害などの合併症を引き起こさないためにも早くから取り組むことが重要です。

治療には食事療法、運動療法、薬物療法があります。

薬物療法では、病態・身体所見・社会的背景・生活状態などの情報を元に患者様に合った薬剤が選択されます。薬剤師の役割として使用薬剤の特徴や注意点などを説明、糖尿病患者様の自己管理(治療、療養、生活習慣等)の支援をしています。

栄養サポートチーム(NST)

入院患者様の栄養サポートを多職種で実践するチーム医療に参加しています。
薬剤師のチーム内での役割としては、栄養剤や栄養に関連する製剤の説明と服薬指導を行います。

注射については、栄養輸液の適切な使用法・成分・配合変化の確認を行いさらに飲み薬との相互作用や及ぼす影響をチェックしています。
血液データと薬との関連の評価も行い、栄養療法に伴う合併症の早期発見と予防に関わっています。

感染対策チーム(ICT)

医療関連感染から患者様及び医療従事者自身の安全を守るために感染流行の予防を目的としたチーム医療に参加しています。

薬剤師のチーム内での役割としては主に院内における抗菌薬の使用状況を把握し、誤った使い方・偏った使い方・長期に渡り使っている患者様を把握し耐性菌が出現しないように管理を行います。抗菌薬の規約に基づき抗菌薬の適切な使用方法のアドバイスを行っています。

また感染症の発生を未然に防止するため、さらに発生した感染症が拡がらないようする ために消毒薬の適切な使用方法のアドバイスも行っています。消毒薬の濃度や期限、 使用方法を確認するため、年に数回病院内をチームで廻りチェックを行っています。


スタッフ紹介

shimizu masafumi


氏名 清水 正文
役職 薬剤科長・薬剤師
出身大学 東邦大学薬学部
専門分野
資格 認定実務実習指導薬剤師
所属学会


氏名 宮下 龍一朗
役職 主任・薬剤師
出身大学 北里大学薬学部製薬学科
専門分野
資格 NST専門療法士   公認スポーツファーマシスト
所属学会 日本静脈経腸栄養学会


氏名 更谷 由夏
役職 薬剤師
出身大学 東北薬科大学薬学部製薬学科
専門分野
資格
所属学会
PageTop